本文へ移動

未来へと「つなぐ」家づくり

Y・Y工房の住まいは
次世代へもつないでいける
「思いやり」の未来志向


「隠れて見えなくなるところこそ丁寧に」
作り手の「思いやり」
住まい手のこれから先」を見据えた
家づくりをしています

WB HOUSE 「深呼吸したくなる家」 ー究極の健康住宅ー

WBHOUSE 
「深呼吸したくなる家」 

人・家・地球」にやさしく
建物本体も守る家づくりです
もちろんペットにもやさしい
Y・Y工房の新築全商品に
通気断熱WB工法を採用しています

未来へつなぐ作り手の「思いやり」① 

 冷たくない床

Y・Y工房では
床断熱+基礎外周部にも断熱材を入れ
二重断熱としています

一般的な住宅は、床下は外気温と同じで水道管が凍結したりしますが、Y・Y工房のつくる住宅の床下は、外周部と断熱で仕切ることによって、土間下の地熱により8℃~9℃の温度を保つことができます

未来へつなぐ作り手の「思いやり」② 

「赤ちゃん」にはやさしいものを

Y・Y工房では、防蟻・防腐剤は
『エコボロンPRO』を塗布しています。

一般的な防蟻剤は殺虫成分が揮発して白ありや腐朽菌を攻撃するもので効果は5年と短いです。
効果が無くなれば、防腐・防蟻剤を再施工しなくてはなりませんでした。しかし、建物が完成してからの床・壁の中の施工は建物をまた壊さない限りは無理なのです。
エコボロンPROは揮発しないホウ酸塩で木材の表面を包み、水に流されたりしない限り効果が継続し、5年毎の再処理が不要の優れものです。

未来へつなぐ作り手の「思いやり」③  

すき間風をつくらない

Y・Y工房の家づくりの断熱材は、「ネオマフォーム」を使っています。ボード状で断熱性能がトップクラスのものです。
建物は『木造』ですから、乾燥材を使用したとしても水分を必ず含んでいます。長い間には、木材は乾燥により少し収縮してしまいます。それが木材と断熱材にすき間を生じさせる原因となります。すき間から熱が伝わりやすくなるというわけです。その熱の伝わりを抑えるための工夫として『シーリング材』を施しています。それは、断熱材をしっかり固定することも兼ねています。

『隠れて見えないところ』に手をかけ、将来の断熱性能、機密性能の低下に備える家づくりをしています。

未来へつなぐ作り手の「思いやり」④ 

虫が入らない工夫

外壁サイディングの裏側には、約2センチ程の通気層がほとんどの建物にあります。壁体内の湿気を抜くためのものです。
その外壁下の小さな穴に「虫」や「ヘビ」といった侵入がある例もききます。 
安心してください! 
Y・Y工房では、小さな虫も入らない通気部
材を取り付け防虫や小動物の対策をしています。

未来へつなぐ作り手の「思いやり」⑤  

自然エネルギー調整の工夫

最近の建物は、デザイン性が先行し、軒先が全くない家が増えています。そうなると窓上には、『庇(ひさし)』を取り付ける事をおススメします。

そうすることで夏の日差しは半分になり暑さを抑える役割をします。冬の日差しはまるまる取り込み部屋を暖めてくれ暖房効率もよくなります。
窓からの冷暖房の出入りは48%といわれるほど多いのです。
自然エネルギーを上手に利用、調整することで、快適に住まう工夫を提案しています。

未来へつなぐ作り手の「思いやり」⑥  

増築・リフォーム時に欲しい設計図

「家」は完成しているけれど・・
ご自宅の設計図がないという方がたくさんいらっしゃいます。

あったとしても「平面・立面・配置図」といった確認申請に必要な図面程度です。
それでは、いざリフォームしよう!増築しようという時に困ってしまうことが出てきます。Y・Y工房では、そんなことがないように将来も見据えて、建築図・電気図・給排水設備・構造図を一式図書として引き渡し時にお渡ししています。
一級建築士事務所
株式会社 Y・Y工房
      YY建築スタジオ
〒992-0027
山形県米沢市駅前二丁目4-20
TEL.0238-22-2622
FAX.0238-27-0037
新築、リフォーム
各種修繕、耐震診断
住まいの困りごと相談
建築設計、工事監理
施工管理、積算
TOPへ戻る